今更ながら・・・

思い出はすぐに上書きされます。
だから、せっかく見に行った記憶も時が経てば曖昧になり、
そこで感じた何かを忘れてしまうのです。。。
悲しいけれど、それは人間の性。
いいことや楽しいことはそうなり、
苦しかったり、悲しかったり、恨み言は意外にいつまでも
忘れられないのも性、、、


ソウルコン。

そこにいるのは、TVXQ。동방신기。
東の国に起きた神・・・
神って言うしかないほど光り輝いてたよ。
誰にも侵せない領域。
そこは2人とペンの醸し出す世界。
好き同士がようやく巡り会えたParadise。
その喜びをあの場で感じれない人、足りないものを探す人は
もうその世界から去った方がいい。代わりなんて捨てるほどいる。
でも2人の代わりは誰もいないけどね。

びっくりするほど今の歌、歌わないし
日本の歌、当たり前みたいに歌っちゃってるし
発売前の新曲歌うし、
セットはちゃんとならないし、
演出は昔とそんなにかわらないし、音悪いし。
もったいないと思ったのは事実ですが、、、

実際、決められた枠にはまりそうになったのはペンの方で。
当人はいろんな彼らに植え付けられてしまった概念を
さらっと乗り越えてしまったような。
昔の歌、5人の時の歌を普通に歌ってのけちゃったんです。
それは、、、挑戦?
いや、昔の歌を、昔の㌧を眠らせておかない、
2人の歌にしてしまえるっていう自信だと私は思います。
最初に、2人を捨てたのはあちらさんで。
亡くしたものを埋めるだけではなく、進化させた彼らを誇りに思います。
「O正反合」も「Purple Line」も二度と聞けないかもって思ってた。
「I Wanna Hold you」とか「I'll Be There」とか「Unforgettable」とか、
予想だにしない選曲。
だから素直にうれしかった。
2人の力で生まれ変わったといっても過言ではないと私は思います。
いやぁ。。。。本当にかっこよかった。
今までになく、2人が近かった。
傍にいるって、傍にいたいってお互いに思いあってる気がしました。
ユノはストレートに思いを伝えてきた人で、
でもチャミは、変化球?いや隠し玉?
たまにこのまま好きでいてもいいのか?彼にとって重荷でないかと
不安になるときもあったけど、
チャミはチャミで伝えたくてたまらない「ありがとう」や「愛してる」が
伝えられないと悩んでたわけで。。。
くそう。かわいいじゃないくわぁあああ(爆)
もう、私の記憶の中ではチャミはいつも笑ってる。
だから、今の笑顔でずっと笑っててほしい。
君が幸せならば私たちはみんな幸せだから。。。


昨日、ようやく終わったし。
負の遺産にいつまでも振り回されるなんて
時間の無駄。「覆水盆に帰らず」

あはは。本当に繋がらない言葉。
進化して、いつも走ってる2人に間を空けすぎられいように
私も突っ走るしかないっすね(爆)
でも、私も彼らからもらう幸せ以外の身近な幸せを
そろそろ見つけないといけないかもね。。。
なーーーんてな(爆)

o0800064112304558853.png

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://skymax15.blog60.fc2.com/tb.php/1489-57e3a631
該当の記事は見つかりませんでした。