スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黄金を抱いて翔べ」観てきました。

22608_447932388577499_2070607444_n.jpg


公開初日に観に行ってきました。
ネタバレになるといけないので、あまり言えませんが
一言でいえば「重い」
観終わった後、しばらく心が映画独自の黒な雰囲気から
逃げ出せませんでした。。。
ラストシーンがどうもねぇぇぇ。

チャミに関して言えば、重要な役どころなだけに
結構出番もあり、萌えポイントもいっぱいあったんですが、
小説の大きなポイントである「幸田とモモ」の関係はあの時間では
描き切れてないよねって感じでした。
ま、主役はあくまでも幸田さんと北川さんだから
この二人の目線で進んでいるので当たり前でしょうが。

うーん。すっきりまとまっててよかったんですけど
俳優のファンでもなく、高村さんファンでもなく、井筒さん好きでもない人が
観たら、どう思うんだろうなぁと思いました。
もっとチャミに集中するかと思ったんですけど、
気づいたら映画の世界に引き込まれてる自分がいたので
それが映画の魅力なんではないかと思います。
「めっちゃおもしろかった」というには
6人の男たちの背景が重すぎて。
巧妙な計画なはずがいろんなところで狂っていって、最後は力まかせ。
HAPPY ENDでもないし。
金塊の価値を持ってもその背負った運命は変えられないということなんでしょうかね。。。
でも、、、幸田とモモは幸せというか、ある意味「許し」を得たのかなと
そう思ったりもしています。
まだまだ、映画の奥深さにはたどり着いていないですね(笑)
また近々観に行く予定です。


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://skymax15.blog60.fc2.com/tb.php/1479-168e1b88
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。