そこには・・・

goldd01.jpg

あの人気シンガーがイケメンすぎる豆腐屋さんに変身!

2012年10月2日 MovieWalker

人気ミステリー作家、高村薫のデビュー作を鬼才・井筒和幸監督が映画化、
妻夫木聡、浅野忠信らの共演で早くも話題を呼んでいる
『黄金を抱いて翔べ』(11月3日公開)。
メガバンクの地下に眠る240億円もの金塊を奪おうとする6人の男たちの
様々な思惑が繰り広げられる同作で、前述のふたりに次いで、
堂々たる存在感を見せつけているのが、東方神起のチャンミンだ。

本国ではテレビや映画に出演歴はあるものの、日本では本作が俳優デビュー作となる。
プレッシャーもあっただろうが、何とコスプレなどの変装もあったりして、
かなりの熱演を見せている。

劇中では元・北朝鮮のスパイで爆弾のエキスパート、というのが彼の役どころ。
普段は豆腐屋でアルバイトをしており、
お店を訪れたおばちゃんが“豆腐屋にしとくのはもったいないねー”
なんて言われるほど、すっかり豆腐屋になりきっている。
さらに、手先が器用なので、爆弾作りだけでなく、ミシンでエレベーター会社のための作業着を
作ったりするなど、意外な一面も披露しているのだ。

また、スパイなので変装はお手のもの。公安の目を欺くために女装するシーンがあるのだが、
妻夫木聡演じる幸田が本物の女性だと勘違いしてしまうほどだし、
さらに爆破の腕前も、証拠を残さずにアパートの自分の部屋だけを爆破し、
他の部屋には傷をつけないという凄腕なのだ。

奇しくも本日10月2日(火)は日本豆腐協会が1993年に制定した一年に一度の“豆腐の日”。
もし身近にこんな美形の豆腐屋がいたら、チャンミンじゃなくても通いたくなってしまう!?


今日は「豆腐の日」なんですね。
なにも考えずに食卓にならんだ豆腐を普通に食べたチャン子です(笑)
それにちなんで豆腐屋モモの写真を出すなんて!
なんかウケるwww
確かにこんな素敵な豆腐屋はいない(爆)

メイキング。あまりに眠くてチャミのとこだけ見たんです。
そこにはチャミというよりモモがいました。
生きることに必死なモモがいました。
この映画、小説に関しては東方神起のチャンミンという奇跡みたいな
唯一の存在を彼自身が決してしまえるかが、映画の出来につながると思っています。
ま、消すというより、どうしようもない悲しみ、絶望を背負ってしまった
モモという存在の重さを
いつも誰かに必要とされている、チャミがどう演じるのか???
今のところ、いい感じなんじゃないんでしょうか?
言葉の強弱はやっぱり言葉の壁ですよね。
でも、得も言われぬ、とんでもない狂気の裏に潜む悲しみや喜びを
映画に表現できてるような気がして、本編を見るのが楽しみになっています。
モモ子ちゃんもやっぱりお目見えするようで。。。ひゃぁああああああ。

20120928000913_00_400.jpg

そりゃ、こんなに男前の豆腐屋、見たことないっつの(爆)
でもさ、チャミじゃなかったら、完全にオーラを消したチャミだったら
普通に存在するんだろうか???
やっぱ、おもしろい男だぜ!シム・チャンミンssi



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://skymax15.blog60.fc2.com/tb.php/1466-4e5fddde
該当の記事は見つかりませんでした。