スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMエンターテイメント以外で東方神起として活動するつもりはないです

20091102160306861e7_161409_1.jpg


東方神起の所属社 SMエンターテイメントが
"東方神起は来年春にカムバックする。3メンバーは 12日まで返事しなさい"
と 2日公式記者会見を通じて '宣告'した.

SMエンターテイメントのキム・ヨンミン代表は "今度仮処分決定で三人の名のメンバーたちが
個別的な活動はできるが東方神起としての活動は当社を通じてしなければならない。
当社は来年春に東方神起の国内カムバック活動を展開しようとする.
これを準備するために当社は三人の名のメンバーたちにこれから 10日後の 12日まで
これに対する返事を要請する"と公式的に明らかにした.

東方神起は SMで持続するはずであり,これに三人のメンバーたちが合流するか公開的に質問したのだ.
これに対してユノ-ユンホ,最強チャンミンなど残り二人のメンバーも書面を通じて
"私たちは SMとの約束を守ること"であり "今でも三人のメンバーが化粧品事業を始める前,
まったく同じな夢を持っていたあの時に帰って来ることができるように願う.来年春カムバックの
ためには少なくとも 6ヶ月は準備しなければならない.
東方神起としての活動を願ったらもっと遅れる前に決めてほしい"と明らかにした.

SMエンターテイメントと二人のメンバーはこのすべての事態が化粧品事業による
金銭的誘惑のためだと強調した.SMは "不当な専属契約,人権,奴隷契約などで
起こった事件ではない.化粧品事業で始まった金銭的誘惑によって起きた訴訟"
と言いながら "東方神起は 5年間誰より会社とお互いに信頼と睦まじい親兄弟みたいな関係で
過ごした.しかし三人の名のメンバーが化粧品事業を始めてから多くのことが変わった.
便法的な方法で事業をゾンゲハリョダボだから会社を経らないでメンバーたちに個人的に近付いた.
その時期からメンバー 3人と会社との意見衝突が始まった.以後多くのルーマーが出ながら
メンバー 3人,2人会社の関係が李癲癇され始めた"と説明した.

また "このような過程によって三人の名のメンバーはその間、東方神起のために一緒にして来た
会社との契約と信義を忘れても化粧品事業課それによった莫大なお金を得ることができるという
考えで彼らが得ようとする利益という本質的な目的のために先に契約を違反するようになって
それを選り分けるために今度訴訟を申し立てたこと"と説明した.

これを裏付けるように最強チャンミンのお父さん心動式さんは
"三人の名のメンバーが化粧品事業を始めて中国の化粧品会社事業説明会に参加した後
なかでも一人のご両親と通話をした時 'が事業が膓数百億,数千億になるか分からない事業だ.
私たちがこれからコスタック会社を遠回り賞状して '東方神起が事業をする'とうわさを立てて
株価がちょうど聳える時あらかじめ情報を差し上げるから株式を紗羅'は出たらめな言葉を
聞いたりした"と明らかにした.

二人のメンバーも "化粧品事業以後すべてのものが変わった"と
"私たちは世の中をよく分からないが常識的に思ってもその化粧品会社が正しくて正常なら
東方神起と化粧品事業を推進するためには誰もすべて分かっている所属社であるエスエムと
先に正式で相談するのが当然だと思う.しかし所属社とはただ一言相議なしにメンバーたち
個人に近付いて便法的な方法で事業を進行する化粧品会社は問題が起こるしかないと思って
到底この事業に参加することができなかった"と明らかにした.

SMはまた今度問題になった 13年契約に対しては "当社字間の同意と自由意志によって
締結した契約書が成功後認められなかったら芸能産業全般に混乱を引き起こすこと"
と言いながら "それなら国家の間の熾烈な競争をする市場状況で大きい投資者
必要な韓流文化産業としての投資と経営が不可能になる結果がくること"と見込んだ.
また "業界と文化体育館鉱夫,公正取引委員会,学界,国会が一緒に意見を取り集めて
新しい専属契約書の基準を法律に制定するとか公認された機関が認証して法律で認められる
確定された契約書の基準を作ることを促すところ"と強調した.

一方三人のメンバー側は仮処分申し込み過程で "残り二人のメンバーと一緒に東方神起で
活動したい心には相変わらずだ"と明らかにしたばかりだ。


東方神妙ユンホ-チャンミン側
“不当契約話にならなくて,偽り主張切ない”



東方神起メンバーユノ-ユンホ(正園号)と最強チャンミン(深窓民) 側が
残り 3人メンバーたちと違う意見を立てた.

所属社 SMエンターテイメントは 2日ソウル汝矣島 63ビルで 3人メンバー
(英雄在中ミックキユチォンシアズンス)と摩擦に対する記者会見を開いた.
この日ユノ-ユンホと最強チャンミンは自分たちの立場を明らかにした報道資料を配布して
"SMエンターテイメントと契約を守ること"と明らかにして今まで立場を表明しなかった理由は
当事者たちどうし円満な合意がほしかったからだと言った.

正園号と深窓民は自分の親筆死因が記載した報道資料を通じて
"一言で三名の化粧品事業を始めてからすべてのものが変わったようだ"と
"5年間同じ夢のために皆が一緒に作って来た東方神妙がこんな正しくない化粧品会社と
便法的な化粧品事業によって崩れるということを納得して受け入れることができない"と主張した.

引き継いで "私たちは所属社とともにした契約と言う(のは)約束を守るでしょう"と
"東方神起は SMエンターテイメントで作られたし今後とも私たちは SMエンターテイメントで
東方神起として活動するでしょう.私たちはどんな理由より信義と約束を守るためでも
SM以外の他の所で東方神起として活動するつもりはない.三名のメンバーたちが
東方神起として活動を心より願うのならもっと遅れる前に決めてくれ"と明らかにした.

正園号のお父さんである静養県さんも確認書を通じて "が事件に対する真実は
二名のメンバーは皆分かっていた.しかし二名のメンバーたちがその間どんな立場表明もしないで
黙って来たことは当事者たちが相互合意ができるように気配りしたことで真実を歪曲せずに
会社及び東方神起の内部問題に早く解決されてほしくいるから"と強調した.

静養県さんは "今度事件本質にはどうしても化粧品事業課それによる金銭的欲心があるとしか
思うことができない"と "2009年 2月化粧品事業に対して初耳だった.アジア最高スターである
東方神起が世界的ブランド化粧品モデルすることもあまり難しい状況でもないのに敢えてうまれて
初めて聞いて見る化粧品会社に投資をして所属社と論議なしに代理店を出すなどの行動理由が
腑に落ちなかった.所属社と論議をして進行する事業でもなくて事業 子化粧品会社自体
ネーム・バリューも下がって東方神起ブランド価値の落ちる恐れがあると判断した"
と思いを打ち明けた。

また "日本で SMと出会いを持ったしキム・ヨンミン代表は日本エイベックスから化粧品会社
関連公式質問を受けたし、イメージ損傷とメンバーたちに対する避けていることもできると話して
化粧品事業に対する自制を要請した.しかし三名の親たちは鉛たちするに値する理由のなく
ここに反撥した.出て深窓民君お父さんが残り親たちを説得したが頑強な立場だった"と
"各精算書に署名する時は問題申し立てをどうしてしなかったのか,
契約が不当だと思ったら契約更新締結時問題申し立てをしないのかその親たちに聞きたい"
と言った.



ファンはおいてけぼりだね。。。
しょうがない。アーティストだって将来があるもの。
ただこんなに真っ二つになってしまって、
どちらかが悪者にされて、モトの鞘に戻れるというの?
お互いの気持ちをうまく包み込んではくれないの?
3人が戻っても、変わりなく今まで通りにマネジメントしてくれるの?
ちゃんと5人の気持ちを尊重してくれるの?
5人は今までと同じ気持ちで5人でやっていけるの?


こんな暗い気持ちで、今日は映画館です。
もちろん一人です。
泣いてしまいそうだ。




スポンサーサイト

-5 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.11.02 18:25 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.11.02 20:36 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.11.02 21:49 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.11.03 09:07 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.11.03 11:57 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://skymax15.blog60.fc2.com/tb.php/1009-10ad77b5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。